腹立ちを使用した俳句

腹立ちに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

腹立ちを含む俳句例

腹立て水呑蜂や手水鉢/炭太祇

庵主寒さに腹を立てにけり/清原枴童

だんだんに腹立つてくる桜蘂/内田美紗

凶作の蜷も田螺も腹が立つ/中田みづほ

初夢の陳腐に腹を立てゝをる/川崎展宏

毛虫焼く昨日のことに腹立てて/石嶌岳

熊ン蜂羽音腹立ちまぎれなる/行方克己

鷽かへて腹立てさせむ妙しろ女/大江丸

妻に腹立たしダリヤに立てり/河東碧梧桐

腹立つとみえて蟷螂斧振り上ぐ/高澤良一

腹立てず花見に家を出づるかな/立花北枝

腹立てて愚かに秋刀焦がしたり/西村和子

いつまでも夏風邪癒えぬ腹立ちや/大場美夜子

風邪気味の腹立ちやすき日なりけり/結城昌治

河豚のやうに腹を立たするあげ麩かな/服部嵐雪

タイトルとURLをコピーしました