石階を使用した俳句

石階に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

石階を含む俳句例

石階に蔦紅潮し昔の友/綾子

石階の蟻大いなる影はこぶ/原裕

利休忌や石階丸き島社/都筑智子

石階の滝のごとしや百千鳥/風生

沈丁の香の石階に佇みぬ/高濱虚子

石階は波郷の席や銀杏の実/宮利男

墓参り父の寄進の石階を/亀井糸游

踏青や古き石階あるばかり/高浜虚子

石階の二つの蜥蜴相識らず/富安風生

印度人と握手石階紅葉して/斉藤夏風

石階の二つの蜻蛉相知らず/富安風生

夏蓬石階の地に減り込める/宮坂静生

石階を下る一歩に鵙鳴けり/水原春郎

秋風の廃石階にわが座あり/石田波郷

春の月石階さぐり上るなり/岡本松浜

春雨にぬれし石階上りけり/清原枴童

堂あふれ石階に和す降誕歌/山崎冨美子

失語して石階にあり鳥渡る/鈴木六林男

石階に悴める手ぞ十字切る/下村ひろし

焼あとに残る石階と大冬木/八牧美喜子

俳句例:21句目~

常照光寺石階を踏む雪あかり/加藤耕子

石階にましろき日射し蝉時雨/原田青児

石階を寒の日射しの降り来る/木下夕爾

石階を踏みて冬日に近づきぬ/後藤夜半

花御堂ありて石階のぼりけり/河野静雲

みちのくは初夏石階の裾水漬き/青木文恵

石階に疵/肩失いてわが影ゆく/細井啓司

海しまき見つ石階の日に去らず/宮武寒々

石階のしろきにあそび咳く子あり/山口草堂

空へ石階行方知れずのゴッホの耳/伊丹公子

石階に尻打ちて起たず秋の朝/長谷川零餘子

冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ/種田山頭火

孑孑の水石階にくつがへす/石田波郷「春嵐」

石階をもんどり打つて木の実落つ/竹内まさよ

タイトルとURLをコピーしました