歯抜けを使用した俳句

歯抜けに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

歯抜けを含む俳句例

一葉や楊枝の雫歯抜け医者/洞雨

ほろりと抜けた歯ではある/山頭火

老友の歯が抜けし口夏祭/百合山羽公

いたむ歯は皆抜きすてて朧月/会津八一

がつくりと抜け初むる歯や秋の風/杉風

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし/正岡子規

抜けし歯が大切な子よ春の風/ふけとしこ

秋の日の琺瑯の歯が抜かれけり/平井照敏

降る雪に船の肋骨歯抜け立つ/米沢吾亦紅

たふ~と歯の抜けかゝる十夜かな/野村喜舟

川床一つ歯抜けしごとく灯らざる/藤井葭人

歯の抜けし午後から雨の牡丹かな/橋石和栲

雪道で歯が抜け落ちて夜叉になる/富岡和秀

はひふへほ歯抜け一茶の忌なりけり/福永法弘

セーターをすとんと着せて歯抜児よ/松本勇二

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました