眼光を使用した俳句

眼光に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

眼光を含む俳句例

最明寺殿の眼光著莪明り/高澤良一

読初の茂吉の眼光りだす/火村卓造

力泳あと眼光と口まだ魚族/熊谷愛子

熔鋼の眼光移し思惟菩薩/八木三日女

痩せ犬と服に眼光る青年と/金子兜太

眼光の懸菜を貫かんばかり/岸本尚毅

鍛冶の火に注ぐ眼光夏袴/武井夜里子

啓龕の細き眼光りたまひしよ/向山隆峰

木枯や眼光ひかる人に逢う/細木芒角星

眼光をふつと消しまた耕せる/鈴木鷹夫

風の枝に鳥の眼光る落葉かな/渡辺水巴

木像の眼光六月の日に遠し/阿部みどり女

檻の鷲眼光にぶくなりしかな/上田五千石

眼光にうがち止むのみ蟻地獄/赤松ケイ子

眼光はピカソのごとし羽抜鶏/堀越せい子

除雪夫の眼光たゞに爐火まもり/石橋辰之助

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました