夕日を使用した俳句

夕日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕日を含む俳句例

夕日に夕刊がきた/山頭火

枯蘆に傾城町の夕日哉/百里

風車夕日に燃えてまはりをり

赤草や夕日に重き水の色/重厚

茸狩や赤松林に夕日さす/瀾水

夕日中甘柿渋柿裸木に/杉本寛

夕日今奥湯河原の山桜/星野椿

色草に夕日の荒ぶ信濃口/黛執

水中に夕日爛熟花蓮/野沢節子

曲水や後手突いて夕日山/沙羅

夕日の筋に胡蝶むらがる/史邦

仲秋や夕日の岡の鱗雲/村上鬼城

鵙啼くや夕日の残る杉の末/也有

木枯に夕日うかべる信濃口/龍太

色鳥や筵一枚夕日の座/村越化石

色づきて柿現るゝ夕日かな/篠原

白梅の仄か色めく夕日ざし/林翔

黄帷子夕日の中や墓詣/滝井孝作

麦蒔の影法師長き夕日かな/蕪村

我声を蹴て飛鵙や夕日かげ/嵐方

俳句例:21句目~

耕やかの脛長の夕日影/野村喜舟

年終る運河の夕日肉色に/三谷昭

魂の重さ夕日に雪蛍/徳田千鶴子

とほき神隠し夕日の雪解川/子郷

柊に夕日零るる四日かな/福島勲

老鶯や夕日溜りの竹の奥/岸田稚

水瓶に秋の夕日や台所/羅蘇山人

崖歯朶に斑の夕日柴盗む/徳弘純

翡翆や柳百歩の夕日影/加藤春波

胸元に夕日集まる芒採/橋本榮治

撫子の節々にさす夕日かな/成美

土間移る夕日の重さ蓬餅/桂信子

瀬田降て志賀の夕日や江鮭/蕪村

夏痩の我影長き夕日哉/寺田寅彦

鵯や藪を徹して夕日影/角田竹冷

節季候や夕日につゞく袋持/浪化

大皿に平鰤海に夕日かな/内野修

行水の裸に麦の夕日影/飯田蛇笏

夕日さす元日の野の水緊り/原裕

夕日さす波の鯨や片しぐれ/巴人

俳句例:41句目~

蜩や神鳴晴れて又夕日/子規句集

蜩や夕日の坐敷十の影/正岡子規

芦刈に道一本や夕日中/茂里正治

打返す秣に秋の夕日哉/羅蘇山人

捨鰯浜に夕日の裏日本/大野林火

葛堀るや蹴抜の堂の夕日影/志用

夕日影町一ぱいのとんぼ哉/一茶

雪折や夕日こぼるるさげ油/尺草

海苔掻の臑の長さよ夕日影/素丸

ささ啼のとぶ金色や夕日笹/原石鼎

橋脚の夕日に染り芦の角/松藤夏山

舟を待つ夕日の色に小判草/浜福恵

磯山の夕日重たし大根引/井関昌子

三椏の花や雪照る夕日受け/及川貞

冬の滝朝日夕日もなき巌/野沢節子

寒林の影起ち上る夕日かな/北野登

鳥鳴て夕日の雲に入る別/寺田寅彦

寒鴉とんで夕日の枝つかむ/井上雪

木つつきや漆が原の夕日かげ/蕪村

麦秋の埃に沈む夕日かな/野村泊月

俳句例:61句目~

美しき夕日三日や狐罠/大峯あきら

永き日の末の夕日を浴び歩く/林火

紅葉折て夕日寒がる女哉/正岡子規

山つつじ海に見よとや夕日影/智月

馬はぬれ牛は夕日の北しぐれ/杜国

麥蒔の罔雨長き夕日かな/蕪村遺稿

桐の花紅の夕日は人去る方/桂信子

杉谷に夕日呼びこみ花山葵/大串章

鶯や島の夕日は海に落つ/宮田蕪春

鵲の古巣夕日に大いなる/本多勝彦

高々と夕日とゞめて酔芙蓉/星野椿

水鳥や夕日きえゆく風の中/万太郎

鵙啼や夕日の残る杉の末/横井也有

水着ほす夾竹桃の夕日中/西島麦南

茜掘夕日の岡を帰りけり/尾崎紅葉

冬田より夕日の鴉上田城/大野林火

若竹や夕日の嵯峩と成にけり/蕪村

仏桑花凋み夕日も力失せ/能田みち

凍原の剥落鳥は夕日より/対馬康子

樵人に夕日なほある芒かな/原石鼎

俳句例:81句目~

凍雲を夕日貫き沈みけり/福田蓼汀

凩や海に夕日を吹き落す/夏目漱石

野の朝日山の夕日を夏休/三橋敏雄

熊谷も夕日まばゆき雲雀かな/蕪村

北風凪ぎて夕日のしみる桐畠/麦生

焼原の夕日の末や茎の石/増田龍雨

節分の夕日を弾く鬼瓦/八木岡宏子

雨粒を溜めて夕日の花楓/河本好恵

雨乞の太鼓よわりし夕日かな/蝶夢

号令が谺す夕日の小学校/斎藤康子

瀬田降りて志賀の夕日や江鮭/蕪村

名月や夕日にむかふ宮ざかな/塔山

鴛鴦の胸石暖き夕日かな/籾山柑子

喉仏痒し夕日の稲の花/和田耕三郎

隠岐うかぶ沖より夕日捨苗へ/昭彦

陰々と夕日語らず横光忌/戸田九作

鴛ゆくや夕日江に入水のあや/几董

金屏の紅葉に秋の夕日哉/寺田寅彦

坂かけて夕日美し竹の春/中村汀女

笠の緒や夕日ぬはせて片時雨/暮舟

タイトルとURLをコピーしました