鍛冶屋を使用した俳句

鍛冶屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鍛冶屋を含む俳句例

北風や鍛冶屋屋の腰障子/六花

北窓を塞ぐ鍛冶屋の煤け神/川西順子

寒月の門へ火の飛ブ鍛冶屋哉/炭太祇

涼しさや鍛冶屋の前の柳蔭/正岡子規

玄翁でわるや鍛冶屋の鏡餅/正岡子規

花楝鍛冶屋長生きしてをりぬ/益和實

一徹の鍛冶屋のふとき注連飾/馬渡清蔵

母恋し鍛冶屋にあかき鉄仮面/寺山修司

啓蟄の鍛冶屋火を浸け水噴かす/北川鬼火

天山と黙して夏の野の鍛冶屋/加藤知世子

山車ひとつ出づ大工町鍛冶屋町/橋本榮治

町はづれ青田にとなる鍛冶屋哉/正岡子規

町筋に金雀枝の咲く鍛冶屋あり/清崎敏郎

鍛冶屋の音を雪晴の音と思ふ/加倉井秋を

花石榴むかし鍛冶屋の家だつた/杉崎ちから

つばめ来と村の鍛冶屋が鎌をうつ/長谷川素逝

タイトルとURLをコピーしました