旧姓を使用した俳句

旧姓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

旧姓を含む俳句例

春浅し旧姓で待つ上野駅/森裕子

教へ子を旧姓で呼び春の雨/長田群青

旧姓に戻りて寒の牡蠣洗ふ/館岡沙緻

旧師には旧姓名乗り初電話/津幡龍峰

旧姓で妻への封書ハンモック/原田青児

旧姓に執す飴湯に箸いつぽん/大石悦子

旧姓の遠くなりたる墓洗ふ/西山すみ子

旧姓は刻もどす名よ花すみれ/長谷川翠

旧姓を呼ばれるような桜かな/石田三省

曝す書に吾が旧姓の薄れけり/中森無伴

バイブルに残る旧姓クリスマス/千原叡子

友の歳時記借りれば旧姓草紅葉/中村明子

旧姓を添へてうれしき賀状かな/矢野智司

賀状書くわが旧姓のおとうとへ/内田美紗

りら冷や旧姓呼ばれる地下茶房/明才地禮子

旧姓といふ空蝉に似たるもの/辻美奈子「真咲」

タイトルとURLをコピーしました