星空を使用した俳句

星空に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

星空を含む俳句例

青炎の星空に澄む橇の鈴/沢聡

星空に始点終点安息日/対馬康子

吾若し春星空に帆綱鳴る/金子兜太

星空を足音あゆむ十一月/平井照敏

ささめごと星空に咲く露台/安田笙

声秘めて語る星空花柘榴/石塚友二

美しき星空なりし村の盆/水田清子

旱田に星空の闇広がりし/伊藤凉志

星空へ口を大きく社会鍋/木内彰志

春大風海の星空剥れずに/堀口星眠

立ちあがればよろめく星空/住宅顕信

星空をまはす水車や春隣/市ヶ谷洋子

枯萩を焚き星空を曇らしぬ/山田弘子

氷塊を挽き終えて夏星空ヘ/大井雅人

蝉殻を割れば星空響き合う/田村勝実

風除の中へ星空下りてくる/辻口静夫

星空に聳えわけても鳳凰台/高澤良一

夜の秋や恵那の星空手にこぼれ/林翔

星空に鐘鳴り森に降誕歌/古賀まり子

星空のどこまで匂ふ稲架襖/田中政子

俳句例:21句目~

星空のかたむく下向お水取/井沢正江

星空となる約束の青木の実/藤岡筑邨

星空となる菊人形直立し/波多野爽波

星空と濡れて一夜の紅葉山/松村蒼石

星空へひしめく闇の芋畑/長谷川素逝

星空に居る大富士や除夜の駅/たかし

星空に干しつるる衣や杣が夏/原石鼎

星空の下健康な寒さあり/中口飛朗子

星空ゆく屋台提灯夢うつつ/高澤良一

星空へ総身のばし枯木立つ/成瀬正とし

お松明燃えて星空なかりけり/開田華村

とんどの子去りし星空さがりくる/六花

星空へ田植三日の顔あらふ/長谷川素逝

星空に総身のばし枯木立つ/成瀬正とし

星空を闇とは見せつ酉の市/水原秋櫻子

叱責の子を星空に連れてゆく/対馬康子

星空へ蛙は闇をひろげたり/深川正一郎

星空へ消え入りがてに梅白し/鈴木花蓑

星空に琴をあずけて花野ゆく/高澤晶子

花の夜の星空河鹿啼きそめぬ/渡邊水巴

俳句例:41句目~

花火みゆ星空劃ぎる軒端かな/滝井孝作

地吹雪と別に星空ありにけり/稲畑汀子

余寒凪星空染めて浪けぶる/金尾梅の門

星空をふりかぶり寝る蒲団かな/東洋城

夏の星空の家路よ犬の寝そべり/小澤碧童

大旱の星空に戸をあけて寝る/長谷川素逝

寒に入る夜や星空きらびやか/長谷川素逝

星空となるまで森のさへづれり/小澤克己

星空のこぼす夜露を踏みながら/稲畑汀子

北風凪ぎの星空ゆくは鴎かや/金尾梅の門

歳明くる戸を星空へ繰りて老/長谷川素逝

星空のすぐ降りて来る焼野かな/山崎満世

渡り鳥は知つている星空の暗号/伊藤完吾

星空のさむき夜明よ地に寝て/長谷川素逝

星空のひろがる明日の山焼かん/宮中千秋

船の窓の星空の揺れそめし輝き/大橋裸木

星空の中から聞こえ青葉木菟/石井とし夫

星空の涼しければの瞳なりけり/石田勝彦

虫の夜の星空に浮く地球かな/大峯あきら

星空へ店より林檎あふれをり/橋本多佳子

俳句例:61句目~

降るやうな星空村は寒に入る/長谷川素逝

めつむりし中の星空白雄の忌/鷲谷七菜子

らん~と星空生きぬ鬼やらひ/徳永山冬子

いつか星空屈葬の他は許されず/林田紀音夫

星空に星がうごいてあたたかし/今井杏太郎

星空の中より散りて来し木の葉/成瀬正とし

星空のうつくしかりし湯さめかな/松村蒼石

星空へたちあがりたる橇の馭者/成瀬正とし

星空となりゆく雪を掻きにけり/金尾梅の門

星空に一ト夜埋まりてキヤンプ濡れ/岡田日郎

星空の下の人の世のこゝに泣く男/栗林一石路

ものうい通夜の星空へ夜業の煙が黒々とのぼつている/橋本夢道

夏の夜の星空こがす炬火の列ひたひたと弥撒にゆく使徒の列/木俣修

星空のはてより木の葉ふりしきり夢にも人の立ちつくすかな/山中智恵子

タイトルとURLをコピーしました