永劫を使用した俳句

永劫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

永劫を含む俳句例

夕鐘や梅永劫に花白し/原石鼎

永劫に交りてゐる蟇/萩原麦草

新藁や永劫太き納屋の梁/芝不器男

永劫に父は裁かれ荒地菊/齋藤愼爾

永劫の如し秋夜を点滴す/日野草城

永劫の日輪渡る芒かな/松根東洋城

刻つなぎきて永劫に瀧の音/青木重行

如己堂は永劫二畳破芭蕉/百合山羽公

束の間の永劫束の間の焚火/和田悟朗

永劫に月は遅れて雪だるま/大坪重治

永劫の入口にあり山さくら/和田悟朗

永劫の刹那々々を滝は落つ/福田蓼汀

永劫の酸性雨なり兎の眼/高野ムツオ

永劫の一瞬のため手毬つく/鈴木六林男

永劫の途中に生きて花を見る/和田悟朗

まなかいに永劫の黄や花菜畑/宇多喜代子

寒がらぬ木乃伊永劫片眼なり/稲垣きくの

永劫の涯に火燃ゆる秋思かな/野見山朱鳥

タイトルとURLをコピーしました