ワニを使用した俳句

ワニに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ワニを含む俳句例

春の駅頭鰐淵氏蟻塚氏/今井聖

冬眠の鰐巌より静か/福田蓼汀

羅に透く鰐皮の阿弥陀経/穴井太

鰐が川に入る姿や年迎ふ/皆吉司

鰐怒る上には紅の花鬘/横光利一

大年の鰐の背中を洗ひをり/石寒太

心電図ウサギ一列ワニ一列/安西篤

鰐の尾の一撃に遇う花筏/高田菲路

鰐瞬くわが夏風の鼻に向き/今井聖

終止のごとし冬眠の鰐乾く/津田清子

チョウ鮫が鰐の顔して冬休/高澤良一

地獄湯の鰐が口開く春の昼/小林修水

冬眠の鰐に踏まれて鰐動く/西谷剛周

冬籠動かざること鰐のごと/高澤良一

半眼の鰐を愛し地方公務員/池田澄子

獰猛と記され鰐の冬眠す/山口波津女

夕立やワニ園のワニ両手つく/開高斉

大鰐の蚤をもらひて旅了る/山口青邨

定年は鰐の退屈地でゆく秋/高澤良一

鰐の目の流れつ動く春の川/菊地恵子

俳句例:21句目~

日永鰐夢む手足の置きどころ/高澤良一

王宮は鰐棲む水に臨みけり/池内友次郎

夕焼けてセーヌをはしる船は鰐/皆吉司

鰐の居る夕汐みちぬ椰子の浜/高濱虚子

鰐狩りに文法違反の旅に出き/寺山修司

ミシシッピー鰐の横縞雨に冴ゆ/高澤良一

鰐の匂いの夕暮れが来る十二月/坪内稔典

日が射して枯野に匂う鰐二、三/坪内稔典

春昼や鰐の群れゐて湯に眠る/上月大八郎

畳のへりのめし粒が反る鰐眠る/坪内稔典

黒南風や絵を抜けて鰐絵に還る/須川洋子

また春が来たことは来た鰐の顎/池田澄子

菖蒲湯に鰐の眼をして沈みゐる/春田千歳

陰茎輝く鰐となり/回廊を歩く/星永文夫

湯の池に鰐のねむりも冬うらら/古賀まり子

職引きて冬籠る図は鰐のうたた寝/高澤良一

壱岐も対馬も鰐鮫の背も淡雪せり/高柳重信

鰐の退屈みている赤道の風のなか/伊丹公子

玉巻きし芭蕉も鰐もけだるさよ/水原秋桜子

鰐の背のまだらに乾くさくらかな/小菅佳子

俳句例:41句目~

入り日ひろがる熱帯の怒気抜けた鰐/伊丹公子

梅雨どきの鰐が御用となるニュース/高澤良一

ぬうっと鰐の視線よごるる野分立つ/諸角せつ子

タイトルとURLをコピーしました