ガスタンクを使用した俳句

ガスタンクに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ガスタンクを含む俳句例

ガスタンク浮上す停滞の雲の下/穴井太

夏雲や球体二基の瓦斯タンク/秋山未踏

対岸にガスタンク据ゑ夏の河/石川文子

緑青のガスタンクまで野の雪解/飴山實

蛇穴を出づ球形のガスタンク/福島清恵

ガスタンク孵りさうなる春の空/田中政子

炎天のガスタンク抱きたき勝利/古沢太穂

ガスタンクの裾よぎり行く日傘の朱/有働亨

冬枯れし野に球形のガスタンク/今井杏太郎

さぼてんの近くにガスタンクふたつ/中田美子

ガスタンクが夜の目標メーデー来る/金子兜太

瓦斯タンク花の盛りはすぐ過ぎる/加倉井秋を

瓦斯タンク馬も西日をまぬがれず/榎本冬一郎

背後より愛されている瓦斯タンク/武馬久仁裕

昼寝より覚めて瓦斯タンクがありぬ/加倉井秋を

海匂ふ灼くるガスタンクのうしろより/宮津昭彦

タイトルとURLをコピーしました