屈葬を使用した俳句

屈葬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

屈葬を含む俳句例

屈葬を諾ふごとく蝉の殻/轍郁摩

千年の仰臥屈葬まざと寒し/齋藤玄

秋そこに横臥屈葬人骨に/高澤良一

屈葬のままの母ゐて雪解川/吉田紫乃

屈葬の地や錆こぼす榛の花/井桁白陶

葉桜となり屈葬の者つつむ/坊城俊樹

雲の峰屈葬のほか何も見ず/橋本榮治

冬ざれや屈葬甕にひび走り/冨田みのる

冴返りつつ屈葬のモヨロ人/鳥居美智子

屈葬のごとく冬夜の湯に沈む/井上青穂

屈葬の過去も冬日を母として/有馬朗人

生れてなお屈葬型に眠る児よ/江里昭彦

見えゐしは屈葬の母夏炉の火/栗林千津

帰雁見る屈葬に似てひざをだき/有馬朗人

屈葬めく夜明けの便器ほととぎす/中島斌雄

誰れをくしけづるその裏山の屈葬/加藤郁乎

いつか星ぞら屈葬の他は許されず/林田紀音夫

かげろふ疎林屈葬の穴掘られたる/鷲谷七菜子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました