神域を使用した俳句

神域に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神域を含む俳句例

神域を海まで拡げ鰯雲/長田等

神域に信号つけて初詣/和田郁子

神域の土用冷じ鷺騒ぐ/木村蕪城

箒目を正す神域露光る/赤尾恵以

神域に裏より一歩葛の花/志村貴美

初松籟神域に古る慰霊の碑/下山芳子

墓地神域ほかは一切花蜜柑/右城暮石

清明や神域よりの流れ水/下村ひろし

神域の土俵に光る今朝の霜/三枝静代

神域の渓深くして若葉雨/金森久美子

吾が句碑も注連賜りて神域に/河野静雲

布哇やがて神域たらん土用浪/渡邊水巴

御神域しんと鴉の子育てどき/高澤良一

神域の大樹を見上ぐ夏やつれ/横山房子

神域の樹液垂れては泣く翁/八木三日女

神域の起伏へ梅のしだれけり/鈴木敏子

色鳥の目も覚めやらぬ御神域/高澤良一

若葉雨日照雨にかはる御神域/高澤良一

野を吊るすヒバリに神域ははるか/豊口陽子

タイトルとURLをコピーしました