塗師を使用した俳句

塗師に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

塗師を含む俳句例

こほろぎや塗師の紙帳の暗き裾/露伴

日ざし来し塗師が家や桐の花/原石鼎

春寒し埃をきらふ塗師の料/宮武寒々

軒並めて塗師指物師雁木道/和田敏子

青柿や塗師と呼ばれて優男/清水緑子

七夕や柱にかける塗師の箆/宮腰はま子

塗師はげむ檀の青き実を庭に/馬場駿吉

塗師蔵へ重陽の潮照り返す/本谷久邇彦

渋取や能登の輪島は塗師の町/大吉竹男

雪歇まず塗師の砦父祖よりす/河野南畦

塗師の町いろどる漆紅葉かな/坂本/明子

木の葉髪肩にとどめし塗師篭る/野瀬正好

落葉すや木曾の塗師の門ひろく/臼田亞浪

鵙晴や塗師こもりゐる蔵二階/本谷久邇彦

塗師の町ここにも白膠木紅葉かな/坂本明子

塗師蔵の窓は小ぶりや夜業の灯/松/せい一

冬めくや塗師が研ぎ出す象牙いろ/本宮銑太郎

女塗師素足の胡座組み直す/千田一路「波状」

タイトルとURLをコピーしました