カナリアを使用した俳句

カナリアに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

カナリアを含む俳句例

カナリアの恋籠吊し漆職/鳥居美智子

カナリヤの脚の薄紅春逝くか/桂信子

枯色にカナリア少年熱の中/金子皆子

カナリヤの籠の目すべて冬青空/中拓夫

極月の天井近くカナリア飼ふ/大石雄鬼

穴惑居てカナリヤの落著かず/井尾望東

蜆汁朝のカナリヤ鈴を振る/小原菁々子

カナリヤと分つ冬菜を洗ひけり/栗林千津

カナリヤと花卉産褥にもがり笛/宮武寒々

カナリヤの巻毛震へる梅二月/大関かづを

カナリヤをひきずる猫も神無月/岸本尚毅

カナリヤ鳴く雪解術後の胸緊り/館岡沙緻

新涼やカナリヤ喉をころがして/桝井順子

柿の村翅のごとくにカナリヤ鳴き/中拓夫

犬も聴くカナリヤ主亡き三鬼館/楠本憲吉

見えて来しカナリヤ色の初電車/小川千賀

雪のとなり家はカナリヤのこゑ/室生犀星

カナリヤのこまやかな声夏晴るる/長浜冬花

カナリヤの箱の障子も貼りやりぬ/野村喜舟

カナリヤを花菜の風にとばせたや/太田鴻村

俳句例:21句目~

カナリヤを載せ反る指や復活祭/石田あき子

カナリアを飼ふ涼しさを訪へとこそ/依光正樹

カナリヤの餌に束ねたるはこべかな/正岡子規

春惜しむカナリアの首上がり下がり/仙田洋子

朝よりは鳴かぬカナリヤ風邪籠/阿部みどり女

カナリヤはこほろぎたちに唄盗られ/阿部みどり女

霜下りてカナリヤの菜のやはらかし/阿部みどり女

カナリヤにはこべが見えぬほどに暮れ/阿部みどり女

サティアンと呼ばるる建物の毒の有無試すと籠のカナリヤのいのち/橋本喜典

タイトルとURLをコピーしました