シリウス/天狼星/狼星を使用した俳句

シリウス/天狼星/狼星に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

シリウス/天狼星/狼星を含む俳句例

凍る闇シリウス光千変し/相馬遷子

雪吊の松が啣えし天狼星/藤木倶子

シリウスの下鮭遡る光見き/斉藤夏風

シリウスの青眼ひたと薬喰/上田五千石

りんどうを零しシリウス瞬けり/五島高資

狐火のあとシリウスの炎ゆる峡/根岸善雄

狼星をうかがふ菊のあるじかな/宮沢賢治

狼星をうかがふ菊のあるじかな/宮沢賢治

年の果シリウス樅を照らしけり/佐野まもる

背にからむ腕など天狼星を見たる/金田咲子

背にからむ腕など天狼星を見たる/金田咲子

背にからむ腕など天狼星を見たる/金田咲子

シリウスをさだかに年のあらたまる/落合伊津夫

銀座シリウスだけが光ってわたしに見られている/吉岡禅寺洞

夜をこめてわれは識るなりはろばろし光きびしき冬のシリウス/坪野哲久

かの光芒放つ天狼星は失せざらん人は何かをやりかけて終る/浜田蝶二郎

タイトルとURLをコピーしました