大津絵を使用した俳句

大津絵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大津絵を含む俳句例

大津絵の道行笠や若菜摘/素丸

大津絵に糞落しゆく燕かな/蕪村

大津絵の十哲苦吟芋嵐/田中英子

大津絵の筆のはじめは何仏/芭蕉

大津絵の風神嗤ふ二日灸/羽田岳水

大津絵の鬼枕上ミ宿夜長/大橋敦子

大津絵の鬼も汚れつ榾あかり/闌更

大津絵の鬼もよごれつ榾明り/闌更

大津絵の鬼が顔出す灌仏会/上田健三

大津絵の鬼が見栄切る年忘/松本幹雄

大津絵の鬼と遊びし夏初め/磯谷節子

大津絵の鬼が手を拍つ紅葉山/桂信子

往還に大津絵を買ふ柿の秋/加古宗也

大津絵の鬼の酩酊夕立来る/岸間光女

大津絵の鬼に初日や庵の壁/籾山柑子

大津絵の赤鬼いぶす蚊遣哉/正岡子規

なやらふや大津絵の鬼目に浮べ/杉本零

夕焼や大津絵の鬼瀬田渡る/森島堅太郎

大津絵を売る店もあり竹の秋/田中冬二

大津絵のゑどりも暑し甲武者/中村史邦

俳句例:21句目~

大津絵の口あけ笑ひ月たかし/中山純子

大津絵の遊女と出合ふ手毬花/高橋克郎

大津絵の鬼が杖つく石蕗日和/谷中隆子

大津絵の瓢のながき大暑かな/榎本好宏

大津絵の鬼の来てゐる注連貰/関戸靖子

大津絵の鬼の霍乱めいてきし/伊藤白潮

大津絵や鬼も背に負ふ梅雨の傘/安住敦

大津絵をとにかく蔵ふ水中り/高瀬哲夫

大津絵にみんなが哄ひ春となる/中山純子

大津絵の鬼のふどしの薄暑かな/大石悦子

大津絵の鬼の哭きだす無月かな/永方裕子

大津絵の鬼の朱色の大暑かな/能村登四郎

大津絵の鬼が火を焚く除夜の鐘/渡辺信子

大津絵の筆のつづきに寒の木瓜/伊藤敬子

大津絵の鬼も出て来し追儺かな/大石悦子

大津絵のなまづの暑中見舞かな/山崎祐子

大津絵の鬼も踊るか月おぼろ/長谷川史郊

大津絵の鬼ふと暑くふと涼し/後藤比奈夫

大津絵の鬼に止まりし秋の蜂/小山たけし

大津絵を見てのうつつや昼蛙/藤田あけ烏

俳句例:41句目~

大津絵の鬼出て喰ふ柘榴かな/黒田桜の園

大津絵に達磨の眼ありその忌なり/大橋敦子

大津絵の蕭条として寝釈迦かな/相生垣瓜人

大津絵の墨色にじむ梅雨入りかな/宇多喜代子

大津絵の鬼をどり出すおぼろかな/小松崎爽青

大津絵の鬼か念佛や鬼貫忌/枯檜庵句集/大曲駒村

大津絵の鬼のうそぶく夏座敷/小川昭江「沖歳時記」

大津絵のうかれ坊主や雲の峰/石原君代「小さき椅子」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました