孟宗竹を使用した俳句

孟宗竹に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

孟宗竹を含む俳句例

口切や孟宗竹の雨しぶき/齋藤玄

冬白く猫ゐて孟宗竹の奥/鈴木鷹夫

孟宗に春の驟雨の美しき/星野立子

孟宗のはだへ冷たき朝曇/村上光子

孟宗を七夕竹として故郷/福永耕二

茅蜩や孟宗籔の片日照り/北原白秋

一むらの孟宗藪と雛の宿/大峯あきら

冬の旅孟宗竹の青に沿ひ/猪俣千代子

孟宗の皮をひもどく夏断かな/伊藤格

孟宗の赤みさしたり寒土用/伊藤斗牛

いちさきに孟宗ゆれて降る雪よ/原石鼎

孟宗竹に目守りてくらき春の泥/齋藤玄

孟宗竹を愛し菌を見出でたり/林原耒井

面談のうしろに孟宗竹しげる/五島高資

凧唸り孟宗竹の青さゆるみなし/渡邊水巴

孟宗のさむい揺れ円い月がある/北原白秋

孟宗の雄ごゑおんべの火中より/高澤良一

孟宗の根方つゆけし伐りに来て/下村ひろし

昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の藪を出でて消えたり/北原白秋

タイトルとURLをコピーしました