郷愁を使用した俳句

郷愁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

郷愁を含む俳句例

たましひの郷愁鳥は雲に入る/草城

郷愁を持ちしは昔秋灯/中口飛朗子

郷愁を島ごと啜る海雲かな/武田涓滴

三峡の春の蜜柑に郷愁湧く/田中英子

郷愁の真ん中あたり桐の花/山田照子

郷愁を色なき風に深めけり/古市絵未

郷愁となりくる穹の鳶とがる/河合凱夫

郷愁の身を屈めをり花すみれ/老川敏彦

土の香がそそる郷愁土筆摘む/松岡君枝

郷愁や蝌蚪捕りし手の匂ふ夜を/金子潮

郷愁や野老の味のほろ苦き/潮原みつ子

旅愁とも郷愁ともそばの花/市野沢弘子

水鶏笛郷愁の口すぼめ吹く/玉置かよ子

汗ばんで郷愁故もなかりけり/行方克巳

海の駅郷愁のみな背を見せて/佐藤鬼房

遠き灯はつねに郷愁夜の秋/柴田白葉女

鳥雲に郷愁帆かげよりあはく/西島麥南

郷愁といへど母亡し雪つのる/酒寄栄子

寝茣蓙買ふ郷愁しきりなる妻よ/松尾緑富

郷愁もなく麦笛をきいている/吉岡禅寺洞

俳句例:21句目~

郷愁やあんず昏々として育つ/柴田白葉女

郷愁の朝冷えにゐるうすごろも/飯田蛇笏

桐咲けり郷愁のいろけぶらせて/渡部良子

遠ひぐらし妻の郷愁いま癒ゆる/香西照雄

いわし雲湧くや郷愁のごときもの/結城昌治

郷愁や夏波ななめにななめに寄す/川口重美

郷愁をはげしく塗りて山みどり/柴田白葉女

童女見しよりの郷愁花圃燃えつつ/大島民郎

冷凍みかん溶けゆく郷愁宴あと/鍵和田ゆう子

飢ゑに似し郷愁ぎぎぎと雪踏んで/山本つぼみ

郷愁のショールをしかとかきあはせ/久保田万太郎

我れ語彙に「郷愁」を持ちすみれ摘む/竹下しづの女

白地着てこの郷愁のどこよりぞ/加藤楸邨「颱風眼」

萬葉の歌碑とあれば憶良の郷愁ともなつて/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました