国土を使用した俳句

国土に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

国土を含む俳句例

今朝国土笑はせ初めぬ俳諧師/高政

清衡が夢みし花の仏国土/高澤良一

一木も国土を守る月夜かな/渡辺水巴

地凍る漢民族の大き国土/長谷川素逝

しろしめす国土の恩甘藷太る/河野静雲

国土沈むときも旺んに泡立草/横山房子

星の杓枯葉の国土汲み汲めり/依田明倫

椿咲けり絶えずも国土洗ふ浪/渡邊水巴

秋の嶽国土安泰のすがたかな/飯田蛇笏

英霊の鎮まりし国土雪歇まず/渡邊水巴

豊かなる国土の日かな稲の花/西島麦南

にじ、この時草木國土合掌す/荻原井泉水

啼き了へし蝉のころりと仏国土/高澤良一

国土なくてある民族や秋の風/石島雉子郎

地雷などなきこの国土野に遊ぶ/加藤章三

戦勝の国土にみのり実千両/長谷川かな女

草いきれ人いきれして国土あり/細木芒角星

雲雀鳴き桑芽ぶきただ耐ゆる国土/古沢太穂

国土泰くこころにしみる野火の朱ヶ/飯田蛇笏

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました