夕鴉を使用した俳句

夕鴉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕鴉を含む俳句例

冬されやきたなき川の夕烏/定雅

聖堂の森の時雨や夕鴉/寺田寅彦

冬木より枯木に移る夕鴉/長谷川双

夕鴉声おとしゆく枯野かな/上村占

寺守と茱萸渋かりき夕鴉/松田曼莉

さむざむと地の喪へる夕鴉/飯田龍太

夕鴉暴河の民は銃を棄てし/片山桃史

山深くしげりに入りぬ夕がらす/紫暁

松島の若葉に没す夕鴉/阿部みどり女

白南風の浜あるきゐる夕鴉/長谷川双

秋口の他意なきものに夕鴉/長谷川双

花越ゆる時夕鴉身を伸して/佐野良太

行く春や雨になるべき夕鴉/小澤碧童

はだれ野や満月をとぶ夕鴉/金尾梅の門

夕烏一羽おくれてしぐれけり/子規句集

寄生木やくさめとどきし夕鴉/桂樟蹊子

木の実拾ふわれ遠巻きに夕鴉/吉野義子

橋となる烏はいづれ夕がらす/榎本其角

禿頭のそんな農夫に夕がらす/細谷源二

夕がらす幾十のスコップのかたち/高尾日出夫

タイトルとURLをコピーしました