初老を使用した俳句

初老に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

初老を含む俳句例

日の光初老の坂に春迅し/滝井孝作

冬雲のはなやぎに充つ初老びと/原裕

冬麗の砂零しては初老の手/高澤良一

水仙に鉄の匂の初老かな/殿村菟絲子

謠初老いにけらしな人の聲/正岡子規

云ふならば初老夫婦の夕涼み/高澤良一

兄弟の似てくる初老茶立虫/落合美佐子

初老とは四十のをんな浮寝鳥/黒田杏子

初老とは欅黄葉を潜るに似て/高澤良一

戦さ知らぬ人が初老の終戦日/今村映水

初老とは木陰に涼むやうなもの/高澤良一

初老なり春の枯木が墓地透かす/石塚友二

天に黄の枇杷や初老の阿弥陀仏/古舘曹人

水雲酢の絡みあひしも初老かな/鈴木康久

菊つくり得たれば人の初老かな/幸田露伴

浄瑠璃に初老の恋や切山椒/七田谷まりうす

秋茄子や初老といふは水に似て/鍵和田釉子

鍋にアルミの蓋をする愚直な初老/山本芒原

カビ餅あわれ初老の愛をたしかめあう/瀬戸青天城

タイトルとURLをコピーしました