長芋を使用した俳句

長芋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

長芋を含む俳句例

盆棚に薯蕷饅頭真つ白な/石嶌岳

長薯の蔓焚く煙千曲川/滝沢秀誉

馬市の廃れしままに薯蕷/古舘曹人

憂鬱の長薯はわが兄なりき/四ツ谷龍

長芋に長寿の髯の如きもの/辻田克巳

長薯に長寿の髯の如きもの/辻田克巳

長薯を掘るや鋤鍬使ひ分け/永松西瓜

太刀包むごと長薯を贈らるる/松山足羽

薯蕷の掘られし穴に垂るる蔓/大鳥兎月

薯蕷の長し地中を掘り下げる/横田澄子

薯蕷掘つて入日に土の香寒し/高田蝶衣

長芋のなんともあやふかりし丈/岸田稚

長芋の短冊切りにひとり酌む/高澤良一

主人拙を守る十年つくね藷/芥川龍之介

句碑除幕御饌の長芋素直かな/阿波野青畝

寝そべつているお歳暮の長芋が/佐藤鬼房

山裾に日はさめやすし駱駝薯/小田つる女

薯蕷を掘るや遺跡を掘るごとく/椎名康之

とろろ薯摺る音夫にきこえよと/山口波津女

とろろ芋のんびり生きてかゆしかゆし/大木あまり

タイトルとURLをコピーしました