フェリーボートを使用した俳句

フェリーボートに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

フェリーボートを含む俳句例

フェリー追ふ春の鴎の数減りて/高澤良一

三日の朝フェリー二隻大口あけ/佐藤鬼房

乗初の安房へフェリーの始動音/高澤良一

八月のフェリー向かふは苫小牧/高澤良一

山茶花や次のフェリーに小半日/橋本榮治

燕の巣フェリー乗場の赤ポスト/渡邊路美

落日やフェリーにしぶく寒の潮/河本好恵

補陀落をフエリーで目指す鰯雲/橋村和代

フェリー接岸初声の飛び交へる中/高澤良一

フエリーと舳先そろへる精霊舟/香川はじめ

春鴎がやがやフェリーターミナル/高澤良一

東京湾フェリー破魔矢の鈴が鳴り/宮腰秀子

フェリーより女が降りて冬ざるる/和田耕三郎

フェリー航くゆたゆたゆたに春の波/高澤良一

乗初めのフェリーのうねり臍の浮く/高澤良一

水脈を見てフェリー船尾に氷菓舐む/高澤良一

発ちし子の今はフエリーか小夜時雨/山田紀子

フェリー発つ土産の餅のあたたかく/新/昇二郎

海にきて鳥のまぶしさフェリーニ国葬/江里昭彦

海猫のくわいくわい佐渡へ発つフェリー/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました