主峰を使用した俳句

主峰に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

主峰を含む俳句例

万緑の中残雪の主峰峙つ/伊東宏晃

碧落の主峰垂氷を砦とす/岡田日郎

聖主峰縹渺と雪新たにす/坂本謙二

風花の中白濁の主峰見ゆ/岡田日郎

ゆつくりと主峰あらはれ大旦/長田等

主峰まだ暮れず寒柝第一打/藤田湘子

朝の間の主峰全き花野かな/山田弘子

登り来し剣の主峰目に溢れ/右城暮石

老鶯や主峰は遂に霧はれず/下村非文

遠ざかり来て雪嶺の主峰見ゆ/右城暮石

鳥海の主峰に消ゆる雁の列/伊藤てい子

鷹渡る主峰は厚き雲脱がず/中川/忠治

コスモスに朝雲脱ぎし主峰あり/山田弘子

主峰なほ灼けふかみをりわが裡にて/昭彦

岩のみの主峰かがやく日の盛/黒坂紫陽子

窓に嵌む夏山主峰見えねども/篠田悌二郎

那須五峯主峯は肩に月を載せ/町田しげき

あまた嶺の主峰いづれぞ車百合/冨田みのる

主峰いづれ雪のこやみに薄日さし/福田蓼汀

石楠花や主峰の薙の男ぶり/水沼三郎「鰤起し」

タイトルとURLをコピーしました