オペラを使用した俳句

オペラに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

オペラを含む俳句例

寒椿持てば浅草オペラ湧く/不死男

秋灯へ帰る外なしオペラ果つ/篠原

オペラ座の序曲始まる秋扇/赤尾恵以

オペラ出て七星に春遠からじ/松村多美

オペラ果て町逍遙の白夜かな/岩崎照子

一滴の香水で締めオペラ座へ/山崎美彌

毒の瓶ころがるオペラ春愉し/吉原文音

オペラ座の裏窓ひらく夜の秋/市ヶ谷洋子

オペラ果て魔力を得たり虎落笛/吉原文音

オペラ見に毛皮まとひて一家族/高木晴子

オペラ観て千の牡丹を分根せむ/五島エミ

天暑し孔雀が啼いてオペラめく/西東三鬼

おぼろめくオペラの天井桟敷かな/山本歩禅

オペラ座に風よみがへる涼夜かな/吉原文音

オペラ座のロビーさながら毛皮店/木原苑生

春の夜のオペラは「マノン」誕生日/大石悦子

オペラはね白夜の街をさまよひぬ/秋枝蕭子()

階上はオペラはじまれり薔薇むしる/長谷川かな女

野外オペラ白馬現はれ舞台歩す/中川忠治「葛城山」

タイトルとURLをコピーしました