銃声を使用した俳句

銃声に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

銃声を含む俳句例

銃声の谺雪山無一物/長嶺千晶

刈田とう個室に銃声が届く/安西篤

大根干す銃声に散る朝の禽/中拓夫

緩急の銃声虫の音を間に/石塚友二

羚羊を間引く銃声響きけり/工藤貢

連発の銃声がまた雪虫に/白瀬露石

銃声す枯野の中の誕生日/対馬康子

初猟の銃声さほど遠からず/佐野克男

密猟か試射か夏野の銃声は/加藤親雄

銃声に振向けば山眠りをり/鈴木鷹夫

銃声に真つ先翔ちし見張鴨/南木土子

銃声や空の奥処に雪降れり/柿本多映

銃声を呑みて熊野の山眠る/坂口麗峰

銃声を待つてゐるらし冬の蝿/林誠司

硝子戸にひゞく銃声何撃ちし/右城暮石

銃声に山は雪崩れて轟けり/なかたに蘭

銃声のする朝刊を拡げていた/中林一洋

春の銃声川のはじまり尋めゆきて/寺山修司

銃声の一つ頭中にまんじゆしやげ/赤尾恵以

寒夜銃声ちかしと目覚め服を著る/長谷川素逝

俳句例:21句目~

銃声がポツンポツンとあるランプ/富澤赤黄男

タイトルとURLをコピーしました