ブーツを使用した俳句

ブーツに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ブーツを含む俳句例

出勤のブーツきりりと初氷/小林絹子

吾も買はな背高鴫の赤ブーツ/芹山桂

春風や白きブーツの膝小僧/中森清美

枯芝に一団欒のブーツ脱ぐ/館岡沙緻

革ブーツ人間の皺ありにけり/辻桃子

冬の空重きブーツの底鳴らし/谷川典大

赤ブーツその他一切赤づくめ/池田秀水

道塞ぎ来る赤ブーツ黒ブーツ/岸風三樓

ブーツもてサッカーボール一蹴す/樋笠文

下駄箱に逢ひ来しブーツ二つ折り/辻桃子

冬の宿赤きブーツのもたれあひ/土生重次

初氷踏みにブーツを穿いて来し/後藤夜半

春泥をブーツの先に逢いに行く/川副民子

ブーツはき群なし来るは怖ろしき/岸風三樓

白鳥に逢ひにゆく新しきブーツ/平井さち子

足音の若きブーツに追ひ越され/松根ひろ子

通園の黄色のブーツでんでんむし/高澤良一

ブーツの中の暗さもち愛している/鈴木六林男

逢うときはブーツに露を乗せたまま/小西雅子

天翔ける木馬に白いブーツの子/松岡里江/『桜坂』

タイトルとURLをコピーしました