飯櫃を使用した俳句

飯櫃に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

飯櫃を含む俳句例

飯櫃にまたのる猫や秋隣/龍雨

我庵や萩に飯櫃松に竿/正岡子規

鉄線や垣の飯櫃よく乾き/後藤萩

飯櫃の底たゝく音や閑古鳥/蕪村

飯櫃を洗ひ雫し春浅し/細見綾子

冬籠飯櫃一つ磨がかれて/小澤碧童

飯櫃を影干しにして山桜/山本洋子

出代の飯櫃かへす麁忽かな/正岡子規

飯櫃に雁の落ち來る堅田哉/正岡子規

飯櫃を二階にあぐる野分潮/松瀬青々

飯櫃入嫁家の香に馴るゝまで/門司昂

兄妹疎遠母のむかしの飯櫃入/石川桂郎

洗ふたる飯櫃に蝿あはれなり/正岡子規

飯櫃に蟻来る宿や鳳仙花/菅原師竹句集

飯櫃の洗ひべりして処暑の宿/山田節子

飯櫃入渋光りとも煤光りとも/高浜虚子

いつもこの杙飯櫃かゝり浮寝鳥/清原枴童

飯櫃の湯気たちのぼる月夜かな/福田甲子雄

飯櫃の音さもしさや夜鷹鳴く/長谷川かな女

飯櫃の螢追ひ出す夜舟哉/一茶/文政七年甲甲

俳句例:21句目~

飯櫃入の児のガランガランをしゃぶりをり/吉田立冬子

タイトルとURLをコピーしました