沢水を使用した俳句

沢水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

沢水を含む俳句例

秋近き心遊ぶや沢の水/余子

沢水を濁して雁の別かな/和琴

沢水に足しびるるや山椒/下田稔

沢水の面持暗く冴返る/今泉貞鳳

沢水の余りに甘し韮の花/森田緑郎

沢水の温むことなき花山葵/渡辺晃村

鶺鴒や沢の水なる浩ふのみ/尾崎迷堂

沢水にうつりすましぬ猫柳/楠目橙黄子

沢水に摘みこぼれたる苺かな/西島麦南

沢水の川となりゆく蕗がくれ/高浜虚子

麻ひたす其処より濁る沢の水/前田普羅

沢水は春も澄みつつ山葵生ふ/松本たかし

潮ささぬ沢水甘し杜若/言水「かり座敷」

蛇渉る沢水呑んでしまひけり/小野美智子

ひぐらしとなりて沢水手にひびく/千代田葛彦

タイトルとURLをコピーしました