一塔を使用した俳句

一塔に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一塔を含む俳句例

凩や枯色見する塔一つ/正岡子規

一堂のあれば一塔百千鳥/高野素十

一塔の風鐸高し薄暑来る/佐藤峻峰

塔一つ灯りて遠し冬の霧/藺草慶子

山笑ふ釘を使はぬ塔一つ/船木幸人

冬蚊出て蔵書一塔崩れ落つ/池澤佑子

かんがりと野分の末や塔一つ/多代女

夏草や森閑として塔ひとつ/北園克衛

鳥飛ぶや霞はづれて塔一つ/正岡子規

黄落を統べ塔一つ高かりき/木下夕爾

ひろしま忌一塔鳩の糞まみれ/河野頼人

一塔を籠めて醍醐の花がすみ/橋本榮治

一宇昏れ一塔が昏れ花昏るゝ/藤崎久を

万緑や一塔とほき世より立つ/西川織子

初さんま一塔に雲あふれゐて/友岡子郷

兀として塔一つあり冬の山/楠目橙黄子

晴れんとす皐月の端山塔一つ/正岡子規

霞みけり山消え失せて塔一つ/正岡子規

鳥渡るや炎のごとき塔一つ/徳永山冬子

一塔の寒さより濃き木瓜の花/鳥居おさむ

俳句例:21句目~

一寺一塔ひつじ田これを囲繞せり/安住敦

指呼に塔一つあるのみねぢあやめ/林周平

タイトルとURLをコピーしました