風の声を使用した俳句

風の声に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

風の声を含む俳句例

二十六聖人祭の風の声/夏井いつき

寒月やいよいよ冴えて風の声/荷風

松過ぎて蓮如の像に風の声/石黒哲夫

柿剥くや窓の闇より風の声/宮津昭彦

遠くより風の声して鶴来る/倉田素香

風の声総身に聴く花きぶし/山口孝枝

風吹けば風の声とも秋の蝉/井阪月子

大年の梢わたりゆく風の声/片山由美子

散り敷ける紅葉に風の声残る/狹川青史

籐椅子や背に故旧呼ぶ風の声/老川敏彦

耳当てて風の声聞く今年竹/冨田みのる

風の声ばかりの宗谷つくづくし/源鬼彦

風の声寒き銀河となりにけり/太田鴻村

風の声碧天に舞ふ木の葉かな/臼田亞浪

風の声火の声ストーブ列車発つ/成田千空

炎天やひとりとなつて風の声/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました