法事を使用した俳句

法事に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

法事を含む俳句例

法事すみ心安けし若葉雨/田中冬二

庭先の山吹を折る法事かな/正岡子規

柳散る頃と申さん法事かな/籾山柑子

青故郷法事一つに繋がりて/高澤良一

ひとしきり剌羽渡りし法事かな/本村蠻

夏炉辺に電灯ひきし法事かな/杉田久女

扇風機の風強くして法事終ふ/大吉敬子

牡丹の残りし花に法事かな/松本たかし

生甲斐に今日の法事や燕飛ぶ/増田龍雨

紅葉見や法事くづれの女たち/草間時彦

菩提寺の法事にまぎる花の客/角川春樹

蜩やふくめばとける法事菓子/長谷郷子

鰆一匹とどけくれたり法事かな/高島茂

しやぼん玉父の法事にはじけおり/宝法子

ふるさとは法事の膳につくし飯/田中冬二

武家紋の羽織でありし法事客/猪俣千代子

法事の座早稲田を渉る風入れて/河島唯成

にぎやかに別れて余花の法事かな/茨木和生

藻の花に日高くなりし法事かな/大峯あきら

新じやがをほろほろむけば法事来る/大木あまり

俳句例:21句目~

ゐのこづちとりきれず法事はじまりぬ/小間さち子

タイトルとURLをコピーしました