舞踏を使用した俳句

舞踏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

舞踏を含む俳句例

末枯や舞踏は膝に顎うづめ/中田剛

還暦を自祝の舞踏十六夜/宮武寒々

河骨は己が舞踏を殺し居る/永田耕衣

舞踏の人薔薇花前に語る哉/尾崎紅葉

宇内ニ茸雲ヲ配シテ舞踏セム/夏石番矢

密教舞踏天井桟敷に老婆座す/伊丹公子

機影行く氷柱に晴れし舞踏室/宮武寒々

舞踏室に棲む幻のフリルと曲/伊丹公子

舞踏室灯せばなづむ雪嶺かな/宮武寒々

舞踏靴はき出て街の驚破や秋/飯田蛇笏

開化劇夜涼の舞踏シーンかな/高澤良一

春うれひ骨の触れあふ舞踏かな/柿本多映

暗黒舞踏の一方的な小さな灯/石田よし宏

神の舞踏揺曳火焔樹まだ昏れぬ/伊丹公子

舞踏室の灯洩れ薬師堂深雪かな/宮武寒々

舞踏捨てた女の歳月アグン噴く/伊丹公子

暮雪ふる舞踏乙女もちりぢりに/百合山羽公

舞踏終わった右往左往の紅潮ゾン/伊丹公子

降る雪のかなた蝋燭の輪の舞踏靴/高柳重信

舞踏は神へいまスコールに消える樹林/伊丹公子

俳句例:21句目~

舞踏のように捨てられ昨日のあやめの束/伊丹公子

タイトルとURLをコピーしました