塔婆を使用した俳句

塔婆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

塔婆を含む俳句例

岩船の塔婆襖や雁渡し/落合水尾

角塔婆盆の海より寄す白波/林火

草花やはしりがきする水塔婆/茅舎

お塔婆を持ちて初音の磴上る/星野椿

土塔婆の罅に雨ふる菫かな/吉田紫乃

接骨木の花新しき塔婆建つ/後藤春翠

眼と精神鯰を塔婆で扼へる手/竹中宏

空蝉や爪立て易き朽塔婆/松岡美代子

ふりむけば塔婆と昃る烏の子/長谷川双

僧ひとり塔婆焚きゐる虎が雨/神谷節子

古塔婆立てかけてあり花の幹/行方克己

塔婆煽つ風に外套脱ぎにけり/渡辺水巴

彼岸荒れ塔婆に塔婆応へゐて/高澤良一

春は未だ浅く塔婆の前のめり/高澤良一

書して劃崩さず盆の枌塔婆/加倉井秋を

竹の子の塔婆の丈に身を正す/古舘曹人

路薙ぎの火に投げ入れる古塔婆/浅川正

逝く年の生木仕立の塔婆かな/茨木和生

達谷宙遊居士の塔婆を蟻上下/川崎展宏

倒れゐし塔婆起こして雪解かな/浜喜久美

俳句例:21句目~

塔婆焚き雪解の杉を暗くのばす/桜井博道

花吹雪塔婆の丈のやつれけり/大木あまり

ひるがほの渦巻いてゐる板塔婆/佐々木六戈

何業をして老いしかと塔婆の眼/伊丹三樹彦

叉木塔婆ゆつくり遊行かたつむり/中戸川朝人

墨うすき塔婆ながるゝ施餓鬼かな/大橋櫻坡子

重ね塔婆白し余寒の眼にのこる/阿部みどり女

タイトルとURLをコピーしました