酸橘を使用した俳句

酸橘に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

酸橘を含む俳句例

酸橘一箱暮れ白波の汀暮れ/小澤實

谿空の夕星酸橘しぼりけり/中岡毅雄

すだちもぐ装束となり現れし/宇山久志

初酸橘十指からめて拭いけり/丸岡/忍

夕風や箸のはじめの酸橘の香/服部嵐翠

岩瀬ばかりに累々と酸橘熟れ/友岡子郷

空澄みて今年もすだち贈る頃/藤江駿吉

もぎたての青きすだちや掌に三つ/森龍子

包丁のまへに玉置く酸橘かな/百合山羽公

土瓶蒸し京ならではの鱧すだち/高木晴子

庖丁のまへに玉置く酸橘かな/百合山羽公

朝発ちの屋島に買ひし酸橘かな/河野友人

贈り来しすだちに鳴門潮偲ぶ/野村くに女

酸橘得しされど秋刀は旬ならず/高澤良一

青すだち愛でゐて旅の詩育つ/加藤知世子

すだちしぼる手許や阿波の女なる/京極杞陽

すだち噛む六腑に乱のきざしあり/熊谷愛子

焼きものに是あるかなの酸橘かな/高澤良一

おくんちの酸橘のいたく沁みにけり/古舘曹人

すだちてふ小つぶのものの身を絞る/辻田克巳

俳句例:21句目~

ふたり住むある日すだちをしたたらす/黒田杏子

タイトルとURLをコピーしました