火口壁を使用した俳句

火口壁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火口壁を含む俳句例

便追を仰げば火口壁近し/目黒十一

傘傾け冷夏孤りの火口壁/古舘曹人

火口壁牢獄なせり月涼し/福田蓼汀

秋風や火口壁上登山馬/大岳水一路

一握の秋草しかと火口壁/鳥海むねき

万緑の隠しきれざる火口壁/飯島正人

噴烟の捲き湧く火口壁凍る/石原八束

噴煙のある火口壁霧氷濃し/平野竹圃

橇ゆきし奥処夕澄む火口壁/小林碧郎

秋燕や雲押しのぼる火口壁/岡田日郎

騎初の馬上に火口壁めぐる/向野楠葉

火口壁石落ちてゆく夜鷹啼く/中島斌男

火口壁雪崩をさそふ雲過ぎつ/澤田緑生

火口壁霧に沈めり洋燈ともす/中島斌男

阿蘇寒し赤よな染めの火口壁/石原八束

火口壁に咳きて胸病み視界病む/石原八束

火口壁の死角うつろに没日冴ゆ/石原八束

火口壁の身の影北風に舞ひ暗む/石原八束

火口壁星合の空にしづかなり/水原秋桜子

火口壁枯れ果つ底に湖たたへ/深見けん二

俳句例:21句目~

火口壁の凍てにつまづきうづくまる/石原八束

火口壁まなかひに失せて霧吹けり/水原秋櫻子

タイトルとURLをコピーしました