門徒を使用した俳句

門徒に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

門徒を含む俳句例

当山の門徒ならねど桜狩/高澤良一

此隣きくに琴弾ク門徒寺/高井几董

菜の花や金蓮光る門徒寺/正岡子規

門前に鮓売る店や門徒寺/寺田寅彦

鬼灯や覗て見れば門徒寺/横井也有

一島はすべて門徒や御取越/竹内古村

一窪の村門徒なる落葉かな/籾山柑子

医王晴れ雪囲ひ解く門徒衆/庄田春子

夜濯や島に一つの門徒寺/大峯あきら

牡蠣舟の女の誰も安芸門徒/田中冬二

茶の花に鰈乾したり門徒寺/正岡子規

蜑が家は残らず門徒親鸞忌/三井峡村

門徒衆泊りがけなる雪卸/風間みきを

少し干して門徒の七日盆/井元きよ子

俗にして門徒はうれし報恩講/中川四明

春霰や石見に古りし門徒講/大峯あきら

本山の障子門徒が来て貼れり/富永晃翠

焚出しの門徒いきいき大根焚/尾野羊々

蓮如忌や門徒一揆の子孫とや/成瀬正一

わが代のかぎりは門徒親鸞忌/大橋桜坡子

俳句例:21句目~

蓮如忌や見知り顔なる京門徒/名和三幹竹

門徒いふ門主日和も時雨れけり/大谷句佛

頬かむりして門徒の血湖族の血/松村/茂

タイトルとURLをコピーしました