鈴の音を使用した俳句

鈴の音に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鈴の音を含む俳句例

よき鈴の音りん~と飾馬/立子

鶯や新聞売りの鈴の音/正岡子規

春雨や投扇興の鈴の音/羅蘇山人

更るほど鈴虫の音や鈴の音/之道

朝顏や新聞くばる鈴の音/正岡子規

札幌の春や馬橇の鈴の音/渡辺白泉

寒垢離や両國渡る鈴の音/正岡子規

梅咲くや瑞光殿の鈴の音/正岡子規

霧襖より富士講の鈴の音/山田弘子

空耳とおもふ鈴の音十三夜/千田徳子

鈴の音の南部蒼前祭あをし/黒田杏子

峰入りの鈴の音絶えし日向水/上村占

駅馬路や夕立はるゝ鈴の音/西島麦南

初御空どこより何の鈴の音/村沢夏風

拝殿に花吹き込むや鈴の音/夏目漱石

月代や巫女のこぼせる鈴の音/小島健

夕汽笛馬橇の鈴の音の奥に/池上樵人

鈴の音ひびき合ひゐる茸狩/山本紅童

どんど火の火掻捧より鈴の音/小畑柚流

わびて誰鳴子に鈴の音すなり/正岡子規

俳句例:21句目~

子遍路に夜のちかづく鈴の音/森田正実

寒行の鈴の音の糸引くごとく/木内怜子

神鈴の緒の春雪になほ足らず/古舘曹人

春駒の鈴の音澄めり湖に来て/皆川盤水

花ひらくべし暁闇の鈴の音に/黒田杏子

鈴の緒に沼の日を縒る花の山/古舘曹人

鈴の音して人見えず秋遍路/龍神悠紀子

鈴の音して玄関に礼者かな/豊長みのる

放鷹の鈴の音天を翔りけり/鞠絵由布子

鈴の音の綺羅を恐れて山楝蛇/保坂敏子

立居して鈴の音を張る夏の霧/栗林千津

鈴の音も休ませてゐる秋遍路/吉金絹枝

鈴の音や真近に湧いて雲の峯/中川宋淵

鈴の音を指先に聴く秋遍路/瀬戸内敬舟

おもちや箱寄せれば鈴の音涼し/高濱年尾

冬麗や身ぬちに鈴の音かすか/片山由美子

夕映ゆる遍路に鈴の音の高し/稲垣みのる

春着の児所作に小鈴の音が添ひ/田所節子

行く秋のとある夜更けの鈴の音/中村苑子

鈴の音がしきりに降りぬ恵方道/鈴木鷹夫

俳句例:41句目~

鈴の音のしてゐる雛の髪かざり/山佐良幸

涼しさやみどりごの振る鈴の音/上田圭子

鈴の音の胸深きより春着かな/片山由美子

玉砂利の音に五十鈴の水温む/入江/量子

土鈴の音聞き比べゐる小春かな/ふけとしこ

巫女の舞ふ鈴の音とほる青茅の輪/池田博子

戻り来し猫の鈴の音クリスマス/片山由美子

鈴の音は驢馬の曳く馬車サルビヤ緋/竹尾夜畔

凍ての限りへ橇の鈴の音この夜を泊つ/古沢太穂

鈴の音のかすかにひゞく日傘かな/飯田蛇笏「山廬集」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました