小唄を使用した俳句

小唄に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小唄を含む俳句例

春の夜の小唄聞ゆる長局/正岡子規

浦人の小唄習ふや宵の春/角田竹冷

芦刈の小唄も出ぬ暑さ哉/正岡子規

門の花夜行く人の小唄哉/正岡子規

名月のふけて外行く小唄哉/正岡子規

夕顔に昔の小唄あはれなり/正岡子規

朧月四條をわたる小唄かな/正岡子規

試し吹く祇園小唄や祭笛/河内きよし

青田風佐原小唄のもれ来たる/椿彩香

ひとりなら小唄で居ろと啼蛙/増田龍雨

忘れたる小唄の文句夜ぞ長き/高浜年尾

納涼にあらず君が夫の弾く小唄/及川貞

藍刈は小唄も出でぬあつさ哉/正岡子規

馬士醉ふて晩稻月夜の小唄哉/正岡子規

さぞな声浄瑠璃小唄はここの花/山口素堂

小唄など口ずさみつゝ夜ぞ長き/高濱年尾

川床替へて祇園小唄を踊るかな/西村和子

青あらし昼は小唄の身にそはず/林原耒井

深川に小唄幸兵衛と年惜しむ/阿部みどり女

蚕飼女の疲れきつたる小唄かな/楠目橙黄子

俳句例:21句目~

あきかぜに小唄の稽古ほん気かな/久保田万太郎

行く春をひそかに兵や集むらんー京に流行る小唄おかしき/会津八一

タイトルとURLをコピーしました