よよとを使用した俳句

よよとに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

よよとを含む俳句例

暁の春水よよとわれを過ぐ/原裕

人道のよよとまゐりぬ納豆汁/蕪村

洋酒瓶多彩終幕よよと哭く/三谷昭

串人形よよと泣かせて黴畳/佐野美智

枝垂桜よよと長糸庇冷ゆ/文挟夫佐恵

風よよと落穂拾いの横鬢に/西東三鬼

よよと泣く人を羨しみ水中花/大石悦子

売初やよよと盛りたる桝の酒/西山泊雲

白桃をよよとすすれば山青き/富安風生

若狭から麦藁蛸のよよと来し/大石悦子

菊月や義太夫よよと声を張る/浅田白道

よよと哭く梅雨の地獄の納め髪/渡辺恭子

よよよよと月の光は机下に来ぬ/川端茅舎

僕等のよよと盛りけりねぶか汁/黒柳召波

夏草のよよと暮れゆく茅舎の忌/飯田龍太

夜半より雪の別れとよよと降る/星野立子

白藤のよよと零れて行きどまり/西村和子

酒よよとこぼして厄を落しける/宇田零雨

一つ家によよと卯の花腐しかな/深川正一郎

十六夜の金蝿よよと出てゆけり/鳥居真里子

俳句例:21句目~

日闌けてはよよと陽長ふ鬼面岩/下村ひろし

よよとまゐる手打うどんや虫の宿/鈴鹿野風呂

山車歌舞伎肩震はせてよよと泣く/揚原れい子

タイトルとURLをコピーしました