御室を使用した俳句

御室に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

御室を含む俳句例

早梅や御室の里の売屋敷/蕪村

兼好忌御室の花は蕾かな/青木月斗

又平に逢ふや御室の花ざかり/蕪村

花に来て御室を出るや今宵月/百桜

草摘むや御室の道の右左/尾崎迷堂

行春を嵯峨や御室の蜆売/正岡子規

ねふたさの花は御室の花よりぞ/蕪村

仁和寺の御室で降りぬ秋袷/高澤良一

百千鳥御室は花に早かりし/高濱年尾

連句して御室に鹿を聞く夜かな/蕪村

道ばたに早蕨売るや御室道/高野素十

右の手に指すや御室の塔霞む/正岡子規

嵯峨へ行き御室へ戻り若菜哉/正岡子規

御室坊の嵯峨坊を訪ふ菊日和/中川四明

御室田に法師姿の案山子かな/高浜虚子

柿紅葉御室の山は低きかな/東久世濤声

秋蝉や御室は人の来ぬところ/高濱年尾

色鳥の出入りゆかし御室御所/高澤良一

花遅く御室尼達のうす着かな/前田普羅

うらゝかや女つれだつ嵯峨御室/正岡子規

俳句例:21句目~

春の野の人なつかしみ嵯峨御室/正岡子規

柑類の花の盛の御室かな/大ツ亡人-旬児

仁和寺の御室のさくら塩漬けに/本田八重子

傘について御室の花やほされけり/村上鬼城

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました