注連縄(〆縄)を使用した俳句

注連縄(〆縄)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

注連縄(〆縄)を含む俳句例

注連縄の大黒柱年迎ふ/中村苑子

〆縄の太き住宅展示場/増田妙子

松の木の注連繩古し神の春/正岡子規

磯遊び注連縄掛かる巌まで/矢島渚男

手筒花火の男〆縄肩にして/兵藤水美

年の市青〆縄のにほひたつ/石川桂郎

喜雨来る注連縄太き諏訪大社/横田昌子

子の造る注連縄青く匂ひけり/佐藤政代

尾に力ある注連縄を選びけり/鈴木節子

注連縄につながるる巌波の花/梅木酔歩

注連縄の逞しき縒男の子産め/鷹羽狩行

注連縄を張つて地震の国の春/川崎展宏

蟇鳴くや注連縄ゆるむ椎の虚/古館曹人

鉾祭注連縄を断つ稚児の太刀/外園善行

今年又注連縄売りが柳生から/高岡智照尼

注連縄のあたり光のとどまりぬ/西原天気

注連縄の丈もの立てて年の市/深見けん二

禰宜が門注連繩の上なる注繩飾/正岡子規

縒りつよき注連縄原子力の基地/高木公園

道に張る大き注連縄ここから村/米田一穂

俳句例:21句目~

注連縄に藁の香嗅ぎし今年かな/新谷ひろし

霧はれるまで注連縄の藁を打つ/福田甲子雄

生きもののごと松注連縄の焼かれけり/福士冨美子

タイトルとURLをコピーしました