季語/夏蚕(なつご)を使った俳句

「夏蚕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏蚕」について

【表記】夏蚕

【読み方】なつご

【ローマ字読み】natsugo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・二番蚕(にばんご:nibango)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

夏蚕を含む俳句例

淙々と川音近し夏蚕棚/荒井正隆

健脚の雲生む村の夏蚕棚/上村占

夏蚕眠る明神岳の一番星/中拓夫

夏蚕飼ふ深き廂に鳩戻る/木村蕪城

吾妻村嬬恋村も夏蚕飼ふ/岩男微笑

幼子の墓の水濃き夏蚕村/飯島晴子

夏蚕飼ふ塩のみち又仏みち/福島勲

夏蚕飼ふ姉に貰ひし小銭かな/花中

赤い月夏蚕は苦い糸を吐く/田口一穂

夏蚕飼ふ御岳を神と斎く村/宮下翠舟

方墳の夏蚕の桑のたゞ中に/田島/十

夏蚕飼ひ通船文書蔵したる/木村蕪城

四眠いまさめし夏蚕に川の音/村岡悠

三軒の平家の裔や夏蚕飼ふ/市ノ瀬翔子

夏蚕飼ふ温泉町の中の百姓家/大島鋸山

峠路や夏蚕の家は瀬を前に/石橋辰之助

二番蚕の眠りより醒め雨青き/菖蒲あや

今年より夏蚕も飼つて僧多忙/佐藤伸葉

古き炉に古き灰満ち夏蚕冷ゆ/栗生純夫

夜をかけて夏蚕己を白く巻き/石川俊恵

俳句例:21句目~

天界を下りぬ暗きに夏蚕見て/木村蕪城

玉垣や夏蚕を飼ひて唯二軒/大峯あきら

神棚に護符いく重ね夏蚕飼ふ/皆吉爽雨

夏蚕村秩父一揆を語りつぎ/河野多希女

夏蚕村鶏鳴は竹割るごとし/神尾久美子

外仕事嫌ひし嫁の夏蚕飼ふ/天野逸風子

丹沢山は見えざり父よ夏蚕掃く/金子弘子

唇のごとくつめたき夏蚕かな/大澤ひろし

山のバス夏蚕が匂ふ軒に着く/殿村莵絲子

山の辛夷は鬱たるみどり夏蚕飼ふ/森澄雄

島裏に夏蚕飼ひ棲み隠れ耶蘇/小原菁々子

嶺屏風ひねもす立てて夏蚕飼ふ/細井みち

夏蚕眠り重ねて水のごとく透く/太田/保

牧水のふるさと青し夏蚕飼ふ/黒田桜の園

梁を這ふ夏蚕の屑をかなしめり/古館曹人

母屋より高く夏蚕の部屋灯る/蓬田紀枝子

夏蚕屋の奥透き抜けて赤城の空/菊岡素子

門前によき風吹いて夏蚕飼ふ/大峯あきら

子の宿題見てもやりつつ夏蚕飼/松本青羊

家のなかの裸かがやき夏蚕飼ふ/石原舟月

俳句例:41句目~

貨殖家の夏蚕も飼うて和尚かな/河野静雲

夏蚕上簇荒瀬くぐらし笊洗う/阿部しろう

農に老ゆ母よ朝日に夏蚕透く/柴崎左田男

農婦病むまはり夏蚕が桑喰むも/相馬遷子

二番蚕のねむりに入るや青ぐもり/太田蓁樹

夏蚕あはれ眠らむとして棒立ちに/堀口星眠

夏蚕しぐれ夜も農婦を眠らせず/西條真智生

夏蚕飼ふひろき飼屋のまん中に/塩沢はじめ

夕富士に夏蚕終ひのまぶし干す/赤堀五百里

掌に夏蚕透きとほり就職か進学か/宮坂静生

桑の火山灰夜どほし洗ひ夏蚕飼ふ/西本一都

梁の上は父祖のくらさの夏蚕かな/山崎秋穂

沸騰のあと湯がしづか夏蚕飼ふ/神尾久美子

昼餉は隅夏蚕家中に頭をあげて/加藤知世子

夏蚕いまねむり足らひぬ透きとほり/加藤楸邨

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ