季語/女郎花(おみなえし)を使った俳句

「女郎花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「女郎花」について

【表記】女郎花

【読み方】おみなえし

【ローマ字読み】ominaeshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・おみなめし(おみなめし:ominameshi)

・粟花(あわばな:awabana)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

女郎花を含む俳句例

新涼の秣の中の女郎花/舟月

馬士や旅籠定めぬ女郎花/調試

面影の幾日変らで女郎花/几董

待宵やところ~に女郎花/蓼太

女郎花都離れぬ名なりけり/士朗

川風の移りも行くか女郎花/暁台

引袖は尾花にありて女郎花/也有

雨風の中に立ちけり女郎花/来山

山国の茎の太くて女郎花/檜紀代

こま~と垣根結びて女郎花/巣兆

垣ひくき隣境や女郎花/福原雨六

野にも寐よ宿刈萱に女郎花/支考

仲秋や芒の中の女郎花/尾崎迷堂

牛に乗る嫁御落すな女郎花/其角

女郎花男もすなる立話/柏岡恵子

女郎花打てば扇の匂ひかな/言水

女郎花女ながらも一人前/正岡子規

あるが中に野川流るる女郎花/白雄

女郎花尾白の馬をあそばしむ/槐太

孟蘭盆や仏の花に女郎花/高浜虚子

俳句例:21句目~

反りかへる程哀れなり女郎花/成美

女郎花男郎花ここ地獄谷/熊谷愛子

けふ星の賀にあふ花や女郎花/杉風

すゝき吹中にも立てり女郎花/雪弓

深谷をあふるる霧や女郎花/鈴木元

薄々と女郎花てふ黄を始む/蔦三郎

虫つどふ金の王宮女郎花/堀口星眠

見るうちや風の吹折る女郎花/樗良

貸馬の径決りをり女郎花/澤田緑生

足柄や花に雲おく女郎花/正岡子規

女郎花そも莖ながら花ながら/蕪村

逝く水や坊主めくりの女郎花/間石

雨の日やもたれ合たる女郎花/九湖

雨の野や人もすさめぬ女郎花/闌更

一様に風来る中の女郎花/高野素十

女郎花雨にあたれて老にけり/湖柳

我ものに手折らば淋し女郎花/蓼太

日蔭より伸びて日南や女郎花/黙禅

猪の露折りかけてをみなへし/蕪村

粟の穂の実は数ならぬ女郎花/すて

俳句例:41句目~

比翼塚とや女郎花男郎花/文挟夫佐恵

女郎花少しはなれて男郎花/星野立子

女郎花笑つても出る涙かな/仙田洋子

灼熱に打たれ強かり女郎花/高澤良一

木と成れり歌垣原の女郎花/沢木欣一

目の前を潮流れゐる女郎花/岸本尚毅

船付の土手に人群れ女郎花/井本農一

芒原目がみえてきて女郎花/高澤良一

女郎花若き狂気を失へり/鳥居美智子

歌の國の野に男郎花女郎花/松瀬青々

藤原のふる道ゆけば女郎花/松瀬青々

女郎花咲きて人来る野草園/伍賀稚子

女郎花押しわけ早瀬沼に落つ/秋櫻子

よろよろは我もまけぬぞ女郎花/一茶

身を恥よくねるとあれば女郎花/秋色

仲人口人にかたるな女郎花/井原西鶴

朝曇黄のうちかすむ女郎花/高澤良一

其葉さへ細きこゝろや女郎花/炭太祇

達磨忌や今は色なき女郎花/籾山梓月

山蟻の雨にもゐるや女郎花/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

友に傘ささせて雨の女郎花/相馬遷子

日は空を月にゆずりて女郎花/桂信子

小法師に心ゆるすな女郎花/子規句集

尼寺に尼は住まいて女郎花/佐藤肋骨

大名の庭に痩せたり女郎花/正岡子規

霜にそむ秋に逢けり女郎花/松岡青蘿

奥蝦夷や樹海の端の女郎花/石井露月

餓てだに痩んとすらむ女郎花/炭太祇

恋瀬川女郎花また男郎花/町田しげき

手折りてははなはだ長し女郎花/太祇

手折てははなはだ長し女郎花/炭太祇

女郎花の中に休らふ峠かな/高浜虚子

寒声や隣は露のをみなへし/小杉余子

有職の殯の花はをみなへし/筑紫磐井

女郎花二もと折ぬ今朝の秋/蕪村遺稿

女郎花寺に嬰児の声すなり/高野一荷

関取や妻は都のをみなへし/高井几董

桔梗なら女郎花なら露に濡れて/几董

女郎花ゑのころ草になぶらるる/野童

女郎花男郎花共にあればある/鈴木花蓑

俳句例:81句目~

いつよりの平家贔屓ぞ女郎花/荒井書子

かり寝せん味方が原の女郎花/中村史邦

朝の汽車すこやかに露女郎花/細見綾子

昆虫はやさしくなりぬ女郎花/星野紗一

どかどかと声かけられし女郎花/松澤昭

ひょろひょろと猶露けしや女郎花/芭蕉

ゆがんだよ雨の後ろの女郎花/上島鬼貫

ゆれ合ふて蕾の多し女郎花/小林たか子

わが声の谺と知らず女郎花/小泉八重子

何うらむさまか枯野の女郎花/正岡子規

前の馬に迫る馬叱る女郎花/楠目橙黄子

十六夜やゆうべにおなじ女郎花/泉鏡花

旅にをるおもひに折るや女郎花/森澄雄

夜の市灯の粒のよに女郎花/八牧美喜子

大絵図に侍らしめたる女郎花/京極杞陽

摘みためて黄が濃くなりぬ女郎花/節女

女郎花ただはづかしき許り也/正岡子規

女郎花滝白く土用明けにけり/渡邊水巴

女郎花猿にも馴るる山路かな/上島鬼貫

松の外女郎花咲く山にして/河東碧梧桐

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ