季語/漆紅葉(うるしもみじ)を使った俳句

「漆紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「漆紅葉」について

【表記】漆紅葉

【読み方】うるしもみじ

【ローマ字読み】urushimomiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

漆紅葉を含む俳句例

両岸の漆紅葉や崩れ簗/西山泊雲

山漆紅葉急なり滝の前/高澤良一

典雅にて漆紅葉は孤絶せり/島将五

山柿のまぎるゝ漆紅葉かな/小杉余子

日のあたる漆紅葉や山半ば/山口花笠

滝の前漆紅葉のひるがへり/中谷朔風

漆紅葉一葉にをれば唇のごと/巌谷小波

あたりまであかるき漆紅葉かな/高浜虚子

塗師の町いろどる漆紅葉かな/坂本/明子

海の晴れ飛びつく漆紅葉かな/蓬田紀枝子

うるし紅葉会津うるしは火の山より/松崎鉄之介

うるし紅葉水なにかはと燃えうつる/篠田悌二郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ