季語/竹植う(たけうう)を使った俳句

「竹植う」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「竹植う」について

【表記】竹植う

【読み方】たけうう

【ローマ字読み】takeu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・竹移す(たけうつす:takeutsusu)

・竹酔日(たけすいじつ:takesuijitsu)

・竹迷日(たけめいじつ:takemeijitsu)

・竹誕日(たけたんじつ:taketanjitsu)

・竹養日(ちくようじつ:chikuyojitsu)

・竹植う日(たけううひ:takeuhi)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

竹植うを含む俳句例

草の戸や竹植る日を覚書/炭太祇

竹植て夜となる頃や框酒/石塚友二

たゞたのし竹植たるも独り坊/太芝

ふらずとも竹植る日は蓑と笠/芭蕉

月かけて竹植し日のはし居哉/炭太祇

介錯を頼む友なし竹移す/田川飛旅子

半日小集竹植ゑし疲れあり/石井露月

竹植うる此日江水波立てり/高田蝶衣

竹植ゑて人声透る疾風かな/小林康治

竹植うる一句を床に急雨亭/佐藤欽子

茶殻みな広がつてをり竹酔日/岡田史乃

竹酔日老どちは湯に遊びをり/堀口星眠

竹植ゑて彼の偏屈が住ひけり/高田蝶衣

今植し竹に客あり夕すゝみ/佐久間柳居

竹植ゑて余生謀れる如くなり/石塚友二

竹植ゑて朋有り遠方より来る/正岡子規

宗匠の不惑まどひけり竹を植う/太宰治

戸袋にあたる西日や竹植うる/飯田蛇笏

竹植ゑる日の大雨の上がりけり/辻桃子

竹酔といふ日のありて竹を植う/菅直桑

俳句例:21句目~

竹を植ゑて藪蚊多きを喞つ哉/寺田寅彦

竹植うや旅恋ふ心ひそめては/清水基吉

竹植うる安房に雨脚はやき刻/大屋達治

竹移すものの像が見えかくれ/宮坂静生

女手に竹植ゑて夜を熟睡せる/加藤三七子

日に植えて庭のまことや竹の陰/広瀬惟然

月によし風によしとて竹を植う/上野青逸

竹植うる日とや李白に酒のうた/福島壺春

竹植ゑて来しとふ農の声かくる/石川桂郎

竹植ゑて邑にひとりの嬰のこゑ/赤座閑山

竹植ゑて即ち無為を楽しめり/大橋越央子

竹植ゑてその夜さらさら竹の雨/清水寥人

竹植えて竹の子を見る人は誰/尾張-巴丈

降らずとも竹植うる日は蓑と笠/松尾芭蕉

隠栖といふにもあらず竹を植う/佐藤漾人

黒竹一もと佛起しに起し植う/廣江八重櫻

竹植ゑて一蝶すぐに絡みけり/大峯あきら

聖賢の徒にあらねども竹を植う/下村非文

ものゝふの箭竹と聞けり移し植う/藤岡玉骨

国人破れて植える煙管となる竹を/安井浩司

俳句例:41句目~

竹植えし銀座小路や虫を売る/長谷川かな女

竹植ゑて眺むるほどの庭もあり/大橋越央子

竹植ゑて竹に聴くべきこと多し/篠塚しげる

竹植ゑて先生出でゝいまだ帰らず/中川四明

竹植ゑて影及ばざる几を叱す/長谷川零餘子

さぶるこの呂の字はいのち竹酔日/加藤郁乎

洒落て詠む気などさらさら竹酔日/高澤良一

竹植ゑてそれは綺麗に歩いて行く/飯島晴子

竹酔日胡麻を煎る香の中にあり/能村登四郎

すこしづつ放下のこころ竹植ゑて/能村登四郎

すこし地をひろげて竹を植ゑにけり/南上北人

竹植うる日の夕あかりいつまでも/星野麦丘人

竹酔日くもり硝子に日がにじむ/鍵和田ゆう子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ