季語/虎尾草(とらのお)を使った俳句

「虎尾草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「虎尾草」について

【表記】虎尾草

【読み方】とらのお

【ローマ字読み】torano

子季語・関連季語・傍題・類語など

・とらのお(とらのお:torano_)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

虎尾草を含む俳句例

虎尾草に黒姫山の霧匂ふ/亀田英子

虎尾草や鐘掛岸は屏風立ち/本田一杉

虎尾草に水やり一日外へ出ず/小熊一人

虎尾草の咲くべく木曽の高曇/宮坂静生

白揺れて少し虎尾草らしくなる/山田庄蜂

虎尾草の思ひ思ひに尾を振りし/斎藤幸一

虎尾草の風に払子を振るごとし/高澤良一

やまかぜに堪へ虎尾草に目をおとす/瀧春一

夕虹や虎尾草はまだをさなかり/青柳志解樹

虎尾草のはつかなものを蝶が吸ふ/藤田湘子

虎尾草や日の通りみち子が通る/磯貝碧蹄館

とらのをの尾の短きへ日が跳ねて/大石悦子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ