季語/夏の果(なつのはて)を使った俳句

「夏の果」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の果」について

【表記】夏の果

【読み方】なつのはて

【ローマ字読み】natsunohate

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏終る(なつおわる:natsuowaru)

・夏果(なつはて:natsuhate)

・夏の別れ(なつのわかれ:natsunowakare)

・ゆく夏(ゆくなつ:yukunatsu)

・夏惜しむ(なつおしむ:natsuoshimu)

・暮の夏(くれのなつ:kurenonatsu)

・夏の限り(なつのかぎり:natsunokagiri)

・夏を追う(なつをおう:natsuou)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

夏の果を含む俳句例

磐石に一匹の蟻夏終る/橋本榮治

夏終る税関の海油浮き/田村了咲

舟底を擦る川の砂夏の果/桂信子

夏果の白靴濁る漂白感/小堤香珠

廃駅に立ちし記憶も夏の果/皆吉司

疲れ眼に稿百日の夏終る/角川源義

川水の濁りに添うて夏の果/桂信子

夏惜む蟹より紅く爪染めて/樋笠文

ソース瓶潮騒に立つ夏の果/桂信子

ゆく夏の腰の辺りに塗薬/鳴戸奈菜

八幡平夏の名残の梅鉢草/高澤良一

奥寺の鰐口鳴らす夏の果/高井北杜

竜骨に仰ぐ赫き日夏終る/河野南畦

夏果てむ雨の深山の櫟の木/小澤實

行く夏の鳶よ桑名の橋長き/原不沙

夏果つる眼乾きし海人と/榎本愛子

夏逝くや油広がる水の上/廣瀬直人

臀むけて犀の尿や夏の果/田島浮舟

太鼓打ち襷外して夏終る/中村英史

工場へ一筋の街夏終る/川島彷徨子

俳句例:21句目~

彩雲を被き夏逝く櫻島/下村ひろし

夏の果人形海へ流れ出て/川崎展宏

東京の椎や欅や夏果てぬ/石田波郷

朝日さす町の埃や夏名残/室生犀星

新妻の二の腕白き夏の果/村井信子

海港の灯の街に来り夏惜む/瀧春一

夏の果て病の果ての厨妻/今泉貞鳳

ゆく夏の日輪円くしづかなり/中田剛

除草剤効きし地の銹夏の果/原田青児

夏果ての湖に一列空ボート/白鳥順子

夏逝かす青紫蘇の葉を摘尽し/樋笠文

夏逝かむ宿の女のよく笑ふ/椎橋清翠

白波に夏終りたる夜の湖/鈴木六林男

遠樹に雲草に白帽夏果てぬ/木下夕爾

草として髪は生ひにき夏の果/齋藤玄

祈祷師の爪の老いざま夏終る/三谷昭

ハタ~の溺れてプール夏逝きぬ/篠原

逝く夏や夕日あたれる松の幹/安住敦

逝く夏の頭のかるき仏たち/柿本多映

天井も魚拓泳がせ夏終る/野村多賀子

俳句例:41句目~

逝く夏の何に絡むや蔓の先/村山秀雄

白波のあちらこちらや夏の果/桂信子

物干してそのへん歩く夏の果/岡本眸

少年の夏逝く公衆電話切り/高澤晶子

山国の朱夏惜むべし御輿振/相馬遷子

行く夏の死花の遠花火かな/坂戸淳夫

夏惜しむ産寧坂の夕かげり/山尾玉藻

戦傷兵うつる卓鈴夏逝けり/宮武寒々

夏果のがらんと広き上野駅/高澤良一

行く夏の倉と倉との間かな/永島靖子

水が売れ外米残り夏果つる/安田春峰

夏惜しむ豆腐に絡め豆板醤/高澤良一

簾なき流寓の夏過ぎむとす/山口誓子

裏畑をたれか掘る音夏終る/福永耕二

親亀に子亀並びて夏終る/菱田トクエ

夏終る人形の浮く船溜り/伊藤トキノ

思ひ出の始るときが夏の果/後藤立夫

油絵を描きし如く夏終る/前田野生子

浜日傘幾日は立ちし夏終る/石塚友二

夏終る刃物一切出して研ぐ/石井白楼

俳句例:61句目~

灯にひかる小貝の螺旋夏終る/中拓夫

夕潮の紺や紫紺や夏果てぬ/藤田湘子

頂きにケルン残して夏終る/稲垣一雄

裁判所街赤き煉瓦の夏果てぬ/結城昌治

酸つぱさが夏の果物重なる喪/北野民夫

ゆく夏のこのゆふべ巌つつむ草/中田剛

ゆく夏の幾山越えて夕日去る/飯田龍太

ゆく夏の白樺に吊る小禽籠/二反田京子

逝く夏の二夜怒濤のをさまらず/西山睦

逝く夏の簾をかかげ何も見ず/柿本多映

逝く夏や芸人の大足をみて/宇多喜代子

夏惜しむ高原の鐘一つ打ち/古賀まり子

夏惜む人らはかなき顔をならべ/瀧春一

夏終る児等の帽子の色あせて/伍賀稚子

夏終る山河はむざと置かれたり/齋藤玄

夏終る見知らぬノッポ町歩き/阿部完市

夏行くや児の掌こぼるる虚貝/小出民子

夏逝くやよき思出を残しつつ/松村蒼石

夏逝くや記憶に残る雷もなし/相馬遷子

挫折てふ語を愛したる夏過ぎぬ/大串章

俳句例:81句目~

暁紅を外れて夏逝く槍ケ岳/水原秋桜子

横たへし躬の息ふかく夏終る/岸風三樓

気疲れに病む妻か夏終るより/石塚友二

牢乎として欅一夏逝かせけり/高澤良一

物摺る音して還暦の夏終る/加倉井秋を

眼ぐすりの瓶に栓して夏終る/原田青児

禁断の灯洩るる帯屋夏逝けり/宮武寒々

肉体は何の葉ならむ夏終はる/阿部青鞋

胸の手や暁方は夏過ぎにけり/石田波郷

船べりを雲奔り過ぐ夏行くや/金子弘子

蛇失せて火の悲しみの夏終る/中島斌雄

長城の片鱗に立ち夏惜しむ/赤松ケイ子

川筋の夏ゆく深空のぞきけり/松村蒼石

夏ゆくと細き雨ふる湖の町/柴田白葉女

ただざまの山のつらなり夏の果/齋藤玄

ひとり灯を低くして読む夏の果/森澄雄

夏果つる草の根長く流れけり/西沢和子

人は人に逢ひたし夏果てにけり/麻里伊

公式のうつくしく夏果てむとす/小澤實

化粧地蔵納め子の夏果てにけり/樋笠文

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ