季語/釣堀(つりぼり)を使った俳句

「釣堀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「釣堀」について

【表記】釣堀

【読み方】つりぼり

【ローマ字読み】tsuribori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

釣堀を含む俳句例

箱釣や頭の上の電気燈/高濱虚子

箱釣の隅に呟く布袋草/百合山羽公

釣堀に東京の日の懶さよ/高田秋仁

釣堀に隣る質鋪の応召旗/宮武寒々

箱釣や棚の上なる招き猫/富安風生

釣堀の日蔽の下の潮青し/高浜虚子

釣堀や隠居と語る夏木立/滝井孝作

顔触れも同じ三日の釣堀に/滝春一

池干して釣堀休業臭木の実/塩川祐子

釣堀が賑はってをり松の内/高澤良一

釣堀の日がな一日カンナかな/関利治

釣堀に出前の蕎麦の届きけり/安住敦

釣堀の木戸に子遊ぶ四葩かな/原月舟

釣堀の木蔭に多き影かな/野末たく二

釣堀の水くたびれて人多し/岩下吟千

釣堀の等閑見ゆる手長かな/増田龍雨

釣堀の折々に釣られけり/楠目橙黄子

古老ひとり碧雲居忌の釣堀に/渡辺恭子

映画館いまは釣堀婆も釣る/尾形不二子

田続きの釣堀へ雲あやしかり/石川桂郎

俳句例:21句目~

箱釣にかくれ遊びの湯女二人/瀬戸十字

箱釣の章足を投げこどもの日/亀井糸游

箱釣の飴は梅雨のすがたかな/増田龍雨

男等の駈け込み寺ぞ釣堀は/黒坂紫陽子

箱釣を跼み見てゐる女かな/後藤比奈夫

釣堀がこんなところに雨の旗/石川桂郎

釣堀にかんかん帽の志賀直哉/増成栗人

釣堀の主の座いつも日蔭なし/山本悠水

釣堀の芦の青さやよく釣るゝ/野村喜舟

釣堀や蜻蛉生るゝこのあたり/増田龍雨

釣堀やゆゑなく寄れぬ老一人/石川桂郎

釣堀や淋しき木々の中にあり/岸本尚毅

釣堀の四隅の水の疲れたる/波多野爽波

釣堀や鮫の上散る木の葉烏賊/石塚友二

釣堀りの父呼び子来る日曜日/添野光子

釣堀に一日を暮らす君子かな/高濱虚子

四日はや釣堀常の日だまりに/徳永佐和女

釣堀に今日もあの場所あの漢/稲畑廣太郎

釣堀の静寂破りて釣れにけり/稲畑廣太郎

釣堀に突きあたりたり年の暮/星野麦丘人

俳句例:41句目~

釣堀に顔も見やらず話しかけ/楠目橙黄子

釣堀のまばらとなりしなかの老い/大串章

釣堀を雨が綺麗にしてくれし/波多野爽波

釣堀へぬくるみちあり梅屋敷/大場白水郎

釣堀にけふも降られし帽子かな/楠目橙黄子

釣堀の日向に蕎麦をすすりけり/長谷川春草

風あれば消ゆ釣堀の吊り電燈/長谷川かな女

釣堀のわづかにのこる枯野かな/久保田万太郎

釣堀やみな日焼けたる釣りなじみ/池内たけし

釣堀の旗みえそめしよりのみち/久保田万太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ